せんざき医院 Blog

せんざき医院 福島県三春町 内科・外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・肛門外科・電離放射線健康診断

*

花粉症の初期療法(1)

      2019/03/15

<前年の気象条件で飛散量の増加も>

例年、早ければ1月頃から春先にかけて、全国各地でスギやヒノキ、地域によってはシラカバの花粉飛散し、アレルギー症状が現れるのが花粉症で、今や国民病ともいわれるほど悩んでいます。特に、前年雄花が育つ時期に、猛暑などの気象条件が影響すると花粉が増えるといわれています。

<万全を期したい花粉症対策>

花粉症の「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」などの症状は、ひどくなると勉強や仕事、家事が手につかなくなります。マスク・メガネを着けたり、手洗い・洗顔を励行したり、花粉回避の工夫をしても症状は現れます。医療機関の治療では、症状を和らげる薬を用いるほか、根治を期待する免疫療法が行われます。特に最近は、飲み薬や貼り薬などさまざまな種類が開発されています。かかりつけ医に自身の症状やライフスタイルを相談し、より適した種類を処方してもらうとよいでしょう!

 

ジオン注(切らずに治す痔の日帰り手術)

せんざき医院では、痔を切らずに注射で治療する「ジオン注射療法(ジオン注)」で、日帰り手術を行っています。

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

なぜ血糖値が高いといけないの?(1)

(1)糖尿病は“万病の元” 今やわが国の5人に1人が患者、またはその予備軍である …

なぜ血糖値が高いといけないの?(2)

(2)血糖コントロールで元気に長生き 空腹時採血では血糖は高くないものの、食後採 …

光老化①~正しく知って肌を守ろう~

肌の老化には、年齢を重ねて生じる自然(生理的)老化と、 紫外線をはじめとする太陽 …

ストレスチェック締切間近

最近ストレスチェックの問い合わせの内容が変わってきました 会社の産業医が、ストレ …

花粉症の初期療法(2)

<花粉飛散前からできる治療も!> 花粉が飛び始める前、あるいは飛び始めて症状が軽 …

はしか(麻しん)の感染に注意!

沖縄県で平成30年3月から麻しん患者数の増加が報告され、沖縄県外においても発生す …

「ダニ」に注意して下さい!①

春から秋にかけてキャンプ、ハイキング、農作業など、山や草むらで活動する機会が多く …

飲む毛はえ薬<プロペシア内服>13年半経過!!

皆さま大変長らくお待たせ致しました、、、、 まずはお待ちかねの画像をどうぞ~~ …

no image
インフルエンザ予防接種の必要性

インフルエンザは感染すると持病を悪化させたり、 合併症を引き起こしやすくさせたり …

ノロウイルス感染経路・感染予防

感染経路 経口感染 ノロウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝を生で、あるいはよく …